直行便復活!2019年からオーストラリアの美しい街パースへ

パースの海(スタッフ撮影)

2018年12月26日に全日空(ANA)が東京ーパース間の直行便を2019年9月より開始すると発表しました。(西オーストラリア州政府HP)

これにより日本と西オーストラリア州が再度直行便で結ばれることになります。
日本人の訪問数は更に増えることが期待されており、世界でも最も美しい街のひとつともいわれるパースがグッと近くなるのは嬉しいニュースですね。
下記西オーストラリア政府のお知らせを一部引用してます。

ANAは、ボーイング787機にてパース国際空港と成田国際空港間を毎日運航する予定。
ポール・パパリア西オーストラリア州観光大臣、西オーストラリア州政府観光局、オーストラリア政府観光局、パース国際空港の代表者が直行便復活を目指し協力して昨年日本を訪れ、今度は8月に州政府がANA側をパースへ招待し、このような重要な合意に至った。
日本は現在、西豪州への訪問者数で9位で2017-18年には28,700名が日本から訪れ、滞在中に6,000万豪ドルを支出し、日本は支出面で11位となった。
直行便により今後3年間で、日本からパースへ約76,000人が訪れ、1億7,500万豪ドルを州経済にもたらし、数百もの新規雇用を創出すると予測されている。  
休暇や西豪州に滞在中の家族や友人を訪れるため、あるいはビジネスのためにパースへ訪れる日本人の増加により、州のホテルやレストラン、バーやカフェは賑わうだろう。


Government of Western Australia