韓国物件は今、弘大(ホンデ)がアツイ!

韓国カフェ画像
韓国イメージ(出所:PhotoAC)

注目される3つの理由

韓国ソウルの芸術の街として若者から人気のある麻浦(マポ)区弘大(ホンデ)エリア。今回韓国のソウルに精通している不動産会社に弘大の魅力を聞いてきました!

麻浦区の場所を確認しておきましょう。

ソウル地図(出所:韓国観光公社より)

今ソウルで注目されている理由としては以下の3点が挙げられます。

  • 継続的な地価上昇
  • 特徴的商圏
  • 今後の発展性

地価上昇

ソウル市内の主なエリアで最も地価が上昇したところは江南(カンナム)区をしのいで麻浦(マポ)区の弘大商圏でした。(2017年標準地公示地価)

近年再開発や建物のリノベーションにより、街に若者が集まっている場所です。ファッションやアート等お店が多く立ち並ぶ街の賑わいは地価にも反映されていますね。

弘大(ホンデ)の特徴的な商圏

ファッション・芸術

芸術・アンダーグラウンド文化の街と言われますが、実際に多くの芸術家を輩出する韓国屈指の美大「 弘益(ホンイッ)大学 」があり、芸術・デザイン・ファッションが集積するエリアです。ギャラリーやファッションのお店が多く立ち並びます。あの有名な美術家ピカソの名前から取った「ピカソ通り」というストリートもあります。

外食産業

弘大はグルメが楽しめる場所としても有名です。おしゃれなカフェやユニークなお店も多くあります。ソウルに行かれた際是非立ち寄って頂きたいです。

クラブ・イベント

クラブ通りがあったりと若者でにぎわうクラブ街も有名です。昼は芸術に触れて夜はクラブで楽しむ。若者が多く集まる理由もわかる気がします。

今後の発展性

地価の上昇や商業の特異性などから人がたくさん集まるエリアである弘大は、再開発が今でも進んでおり、古い建物をリノベーションして店舗等の商業施設が入るケースが増えています。今後発展が見込めるエリアのひとつでしょう。