シンガポールの賃貸事情と意外な落とし穴

外国人がシンガポールで部屋を借りるとなると、コンドミニアム、またはサービスアパートメントになることが通常です。サービスアパートメントとは、ハウスキーピング付きのコンドミニアムです。賃料は通常のコンドミニアムよりも上がりますが、生活に必要なものがほとんど用意されているため、短中期滞在者におすすめです。


シンガポールで賃貸する際の注意点

日本とシンガポールでは、商習慣や文化が異なる点がいくつかあるため、部屋を借りる際は注意が必要です。例えば、日本の賃貸の場合にある礼金という概念は、シンガポールにはありません。敷金は、デポジットとして一般的に賃料の2~3か月分を物件の引き渡し前に支払います。仲介手数料(Agency Commission)に関しては、シンガポールでは法律による手数料の規定がありません。しかし慣習として、2年契約の場合、貸主が仲介業者に1か月家賃相当の手数料を支払うことが通常です。

また、賃貸借契約は、2年契約が一般的で、期間内解約は通常認められません。一度入居すると簡単には契約を解約することが難しいので、入居前には契約内容、物件等をしっかりと確認する必要があります。

賃貸物件には、家具付き物件が多くあります。現地で家具等を調達する必要がないので、大変便利です。家具等に破損、不足等がある場合は、入居前にオーナーに交渉できることが多いため、オーナー側に確認してみることが重要です。

意外と見落としがち!シンガポールでは必須のエアコンメンテナンス

シンガポール特有のことといえば、定期的なエアコンのメンテナンスです。年中エアコンを稼働させているシンガポールでは、3か月に一度、エアコンのメンテナンスを行うことが必須であり、通常、借り手がその責任を負います。これを怠ると、エアコンの故障時にメンテナンスを怠ったための故障と判断され、修理代金を請求されることに繋がりかねません。自分で業者を選んで、メンテナンスを手配するとなると不安に感じられるかもしれませんが、ローカル業者の他にも日系業者もいくつかあります。後々の問題にならないようにするためにも、必ず定期的にメンテナンスを実施することが重要です。

意外とハードルが高い!シンガポールでの長期滞在とビザについて

最後に、長期滞在ビザについて触れておきます。

以前は積極的に外国人の受け入れを行っていたシンガポールですが、現在ではビザ、永住権の獲得が厳しくなってきています。

外務省のデータ(https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000368753.pdf)によると、シンガポールには約37,000人の在住日本人がいますが、その多くが駐在員とその家族になります。長期滞在したい場合、永住権の他、就労ビザや学生ビザを取得する方法がありますが、ロングステイ先として人気のあるマレーシアやタイなどと異なり、シンガポールにはリタイヤメントパスが存在しません。他国に比べると、長期滞在が比較的難しいと思われます。


シンガポールで家を借りる場合の注意点にも触れてきました。当グループのDualtap Singaporeではシンガポールでの賃貸物件探しのお手伝いを行っております。シンガポール物件に関してお困りのことがございましたらこちらよりお問い合わせください。