シンガポールのお食事事情

シンガポール食事・スタッフ撮影

チキンライス、ラクサ、バクテーなど日本人の味覚に合うシンガポール料理が多くあります。

また、国民に多い中華、マレー、インドの国の料理はもちろんのこと、近隣諸国の東南アジア料理も楽しむことができます。イスラム教徒も多いため、ハラル料理も充実しています。近年では日本料理レストランも続々とオープンしており、本格的な日本料理をシンガポールで食べることが出来ます。ラーメンやハンバーグなどの日本料理は、地元の人々にも大変人気があり、行列ができている有名店もあります。

シンガポールでは、共働き世帯が多く、外食文化が発展しています。国内の至るところにホーカーと呼ばれるフードコートのようなものがあります。S$10(約800円)以内で食べられる料理が多く、特にランチタイムはどこのホーカーも多くの人々で賑わっています。食べ終えた後の食器等はスタッフの方が片付けてくれるのも特徴的です。(最近では、自分で片付けないといけない場所もあるので注意が必要です。)

また最近では、食事の宅配サービスも人気があります。専用のアプリケーションで宅配先の住所を入力すると、宅配可能なエリアのレストランが検索でき、その中から食べたいものを注文すると、設定した住所に届けてくれるという仕組みになっています。オフィスでも家でも、好きな時に好きな食べ物を注文することができるので、利用している方が多くいます。